当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

Jワイフパラダイスのクレジットカード利用明細請求名の記載

Jワイフパラダイスの会員になろうとしたときに、気になるのがクレジットカードに何て書いてくるんだろう?

 

ですね。

 

クレジットカード利用明細に記載される請求名・ご利用先・利用店名・商品名を公開しておきます。

 

Jワイフパラダイスを利用しても、明細書には『Jワイフパラダイス』と書かれてきませんよ。

 

じゃ、何と明記されてくるのか?

 

それは・・・、

 

『DTI SERVICES』

 

『DTI SERVICES』

 

と記載されてきます。

 

なので、クレジットカードを利用しても、問題ないでね。

 

ちなみに、こちらのレンタルサーバー(http://www.dti.co.jp/)もDTIです。

 

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略がDTIです。

 

さまざまな、インターネット事業を行っている会社です。

 

それと、キャンペーンを利用したいならこちらのサイトからJワイフパラダイスに加入したほうがいいですよ。
http://www.xxxjw.com/index2.html
(かなりお得です)

 

 

 

 

↓よく、ネットで書かれている内容です。

アダルトサイト被害の仕組み

自分が後ろめたいことをしている場合には、不当な請求をされても仕方ないと思ってしまうことが多いのではないでしょうか?
アダルトサイト被害がなくならないのは、そのような人の弱みに付け込む手口が巧妙だからです。
アダルトサイト被害に遭わないようにするためには、まずはどのような仕組みになっているのかを知ることが大切です。
アダルトサイトで画像などをクリックすると、いきなり「会員登録いただきありがとうございます」と言ったメッセージが表示されて、それから会費をすぐに払うように警告がでます。
そして、払わない場合には法的手段に訴えると、脅迫めいた言葉が続きます。
この表示にパニックになってしまって、すぐにお金を振り込んでしまう人が多いのです。
もっと、冷静に対処すれば、被害に遭うこともないのです。
まず、そのような時にどうすればよいのかを調べてみることから始めましょう。
相手が自分のことを知っているのかを考えてみましょう。
氏名や住所、電話番号などを教えたわけではありませんから、法的手段に訴えると言っても方法はないのです。
つまり、すべては張ったりなのです。
そう考えれば、そのような警告は無視すればよいことがわかります。
それでも、アダルトサイト被害の相談が多く寄せられているのが現状です。
自分は理解していても、家族全員がそうであるとは限りません。
子どもたちが興味本位でアダルトサイトにアクセスするケースはよくあるのです。
あなたが仕組みを理解すると同時に家族にもそのことを教えておいてほしいのです。

いまだに被害に遭っている人もいるみたいなので、Jワイフパラダイスみたいな安全なサイトを選びたいですね。
⇒ Jワイフパラダイスのキャンペーン内容を確認してみる