当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

アキバ本舗のクレジットカード利用明細請求名の記載

アキバ本舗の会員になろうとしたときに、気になるのがクレジットカードに何て書いてくるんだろう?

 

ですね。

 

クレジットカード利用明細に記載される請求名・ご利用先・利用店名・商品名を公開しておきます。

 

アキバ本舗を利用しても、明細書には『アキバ本舗』と書かれてきませんよ。

 

じゃ、何と明記されてくるのか?

 

それは・・・、

 

『DTI SERVICES』

 

『DTI SERVICES』

 

と記載されてきます。

 

なので、クレジットカードを利用しても、問題ないでね。

 

ちなみに、こちらのレンタルサーバー(http://www.dti.co.jp/)もDTIです。

 

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略がDTIです。

 

さまざまな、インターネット事業を行っている会社です。

 

それと、キャンペーンを利用したいならこちらのサイトからアキバ本舗に加入したほうがいいですよ。
http://www.akibahonpo.com/index2.html
(かなりお得です)

 

 

 

 

↓よく、ネットで書かれている内容です。

アダルトサイト被害とマルウェア

マルウェアを知っていますか?
あなたがアダルトサイトにアクセスして、いつの間には費用請求の画面が消えなくなっていることはありませんか?
そのようなプログラムがマルウェアと呼ばれるものです。
一つの形態だけではなく、有害な動作を目的として作られたソフトウェアの総称です。
マルウェアとしてはウィルス、トロイの木馬、バックドア、スパイウェアなどいろいろな種類があります。
それぞれの侵入の仕方は異なっており、個別の対処が必要です。
もちろん、それを個人的に一つずつ駆除していくことは現実的ではありません。
ウィルス対策ソフトをインストールする必要があります。
アダルトサイト被害に遭っている人の多くは、そのような知識を持たず、ウィルス感染してしまうことが多いようです。
もちろん、費用請求画面に対して、アクションを起こさなければアダルトサイト被害に至ることはありません。
被害の手前でとどまることができるのです。
しかし、画面表示は非常に巧妙に作られており、利用者の不安をあおるような文章が並んでいます。
何も知らない人であれば、パニックに陥ってしまい、お金を払ってしまうのです。
それがアダルトサイト被害となるのです。
被害に遭う前に相談できればいいのですが、被害に遭ってから相談してもすでに遅いことがほとんどです。
お金を取り返すことは難しいのです。

法律上は相手が犯罪行為であっても、行方知れずの犯人を捜すのは現実問題としては無理だと思いましょう。
マルウェアの駆除を確実にやっておくことが大切です。

いまだに被害に遭っている人もいるみたいなので、アキバ本舗みたいな安全なサイトを選びたいですね。
⇒ アキバ本舗のキャンペーン内容を確認してみる