当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

Heyチャットのクレジットカード利用明細請求名の記載

Heyチャットの会員になろうとしたときに、気になるのがクレジットカードに何て書いてくるんだろう?

 

ですね。

 

クレジットカード利用明細に記載される請求名・ご利用先・利用店名・商品名を公開しておきます。

 

Heyチャットを利用しても、明細書には『Heyチャット』と書かれてきませんよ。

 

じゃ、何と明記されてくるのか?

 

それは・・・、

 

『DTI SERVICES』

 

『DTI SERVICES』

 

と記載されてきます。

 

なので、クレジットカードを利用しても、問題ないでね。

 

ちなみに、こちらのレンタルサーバー(http://www.dti.co.jp/)もDTIです。

 

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略がDTIです。

 

さまざまな、インターネット事業を行っている会社です。

 

それと、キャンペーンを利用したいならこちらのサイトからHeyチャットに加入したほうがいいですよ。
http://www.hey-chat.com/home.shtml
(かなりお得です)

 

 

 

 

↓よく、ネットで書かれている内容です。

SNSでのワンクリック詐欺について

複雑化してきたワンクリック詐欺の手口。対処法もどんどん出されています。しかしその被害は携帯電話やパソコンメールだけに留まらずに、SNSを介して行われる様にもなってきたと言います。

 

SNSと言うのはソーシャルネットワーキングサービスの事なのですが、知り合いを広げてコミュニケーションを取って行こうと言う事を目的としたサイトになります。

 

一応の壁になっているのはその人の情報を閲覧するのに誰かからの招待が無ければそのSNS自体に参加する事が出来ないと言う点に有ります。

 

しかし近年においてはこの壁も取り払われてしまって誰でも簡単にそのSNSへ参加する事が可能となってしまったのです。そうなるとワンクリック詐欺等の悪徳業者にとっては好都合ですよね。

 

このシステムを使ってSNS上で架空請求を送り付けてくる様になっているのです。こうしたサイトで会員登録をする際に個人情報を入力しますよね。

 

その個人情報が流出する事でこうした被害が増えてくると言う事になります。一番の対処法としてはSNSを利用しない事に有るかもしれませんが、周りの友人達が皆やっている中で自分だけやらないのも何だか嫌ですよね。

 

そうした場合の対処法としては無暗にお金を支払わない事、無視してしまう事に有ると思います。誘惑されても絶対に他のサイトで登録をしてはいけません。

 

SNSを利用したワンクリック詐欺の被害はやはり若い世代に多くて携帯電話を使いこなしている世代と言う事だと思います。会員制のSNSだからと安心をする事なく、注意深くしながら利用する事がとても大切なのです。

いまだに被害に遭っている人もいるみたいなので、Heyチャットみたいな安全なサイトを選びたいですね。
⇒ Heyチャットのキャンペーン内容を確認してみる