当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

アダルト動画サイトの被害に遭遇した場合

アダルト動画サイト被害が、非常に恐ろしいということは、今までに他の章で述べてきました。

 

では、もしも実際にあなたがアダルト動画サイト被害に遭遇したとしたら、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

その場合は、すみやかに公的機関や警察などに相談をし、アダルト動画サイト被害の回復を目指しましょう。

 

そこで、非常に大切なことは、事前にできるだけ、アダルト動画サイト被害に遭った証拠を残すことです。

 

あなたがすでに支払いを済ませてしまった請求料金の返金を請求するには、そのアダルト動画サイト運営業者の名前や、住所、連絡先等を把握している必要があります。

 

あなたが出会い系サイトやアダルト動画サイト被害に遭った、その出会い系サイト、またアダルト動画サイトについてのより多くの情報が必要になります。

 

そのような悪徳事業者が運営している悪質なアダルト動画サイトが永久に存在するとは思えません。

 

そのため、あなたがアダルト被害に遭ったサイトの情報をあなた自身の電磁媒体に保存しておくか、プリントアウトして紙媒体として保存しておきましょう。

 

被害に遭ったサイトの画面を、写真に撮って保存しておくことも有効な手段といえます。

 

あなたが被害の回復を求める前提に、アダルト動画サイトの運営業者に悪質な詐欺などの法律に違反しているという事実がなければなりません。

 

できる限りのサイト情報、例えば利用規約や料金規定、また送受信したメール等を電磁媒体や、紙媒体、写真などに形を変えて残しておきましょう。

 

また、そのサイトを使うことにになった経緯やアダルト動画サイト被害の実態を把握し、できるだけ思い出して紙に記録しておくことも有効です。

 

そして、被害金額をはっきりと証明できるように、請求金額などあなたが支払いを行った際の控えを残しておきましょう。

 

銀行等の金融機関発行の利用明細書やクレジットカードの請求書、コンビニ決済のときにもらう領収証や、電子マネーを利用して支払った場合にもらう、使用済みの帳票や領収証等が有効です。