当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

アダルト動画サイト被害のデータ

東京近郊の消費生活の相談窓口で受け付けたアダルト動画サイト被害の件数データを見てみましょう。

 

無料のアダルト動画サイトから誘導されて架空請求を受けて、相談が来た件数は、少しずつ増加しています。

 

警察などの広報には、アダルト動画サイトの危険性について必ずと言っていいほど警告されています。

 

それでもアダルト動画サイト被害はなくならないのです。これは相談件数よりも相談していない件数の方が多いことを意味しています。

 

つまり、アダルト動画サイトを運営している方はお金になっているのです。相手からの不当な請求に負けてしまって、お金を振り込んでいるのです。

 

ここで大事なのはお金を振り込む人だけが被害者ではありません。それが原因でアダルト動画サイトの犯罪者は次の被害者を探すことができるのです。

 

アダルト動画サイトで罠を仕掛けることによって、生計を立てているのですから、それを手助けしていることになるのです。

 

アダルト動画サイト被害の件数が減少しないことの一つには、今でもアダルト動画サイト被害の仕組みを理解していないことが考えられます。

 

架空請求に対しては完全に無視することが大切です。また、怪しいサイトには近づかないことも必要です。

 

自分から危険な犯罪者の巣窟に飛び込んでいることを理解しておかなければなりません。自業自得と言える状況なのです。

 

それでも被害を受ける前に相談窓口に相談することは意味のあることです。自分だけではなく多くの人に被害の実態を知ってもらうことが大切だからです。