当サイトについて

当サイトは18才未満の方には不適切な表現が含まれるコンテンツがあります。 18歳未満の方のアクセスを固くお断りします。

カリビアンコムのクレジットカード利用明細請求名の記載

カリビアンコムの会員になろうとしたときに、気になるのがクレジットカードに何て書いてくるんだろう?

 

ですね。

 

クレジットカード利用明細に記載される請求名・ご利用先・利用店名・商品名を公開しておきます。

 

カリビアンコムを利用しても、明細書には『カリビアンコム』と書かれてきませんよ。

 

じゃ、何と明記されてくるのか?

 

それは・・・、

 

『DTI SERVICES』

 

『DTI SERVICES』

 

と記載されてきます。

 

なので、クレジットカードを利用しても、問題ないでね。

 

ちなみに、こちらのレンタルサーバー(http://www.dti.co.jp/)もDTIです。

 

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの略がDTIです。

 

さまざまな、インターネット事業を行っている会社です。

 

それと、キャンペーンを利用したいならこちらのサイトからカリビアンコムに加入したほうがいいですよ。
http://www.caribbeancom.com/join.htm
(かなりお得です)

 

 

↓よく、ネットで書かれている内容です。

アダルトサイト被害の対策

インターネットエクスプローラーを起動すると、強制的に無修正アダルトサイトにアクセスするようになる場合があります。
そして、身に覚えのない費用請求の画面になるのです。
これはアダルトサイト被害の典型的なものです。
もちろん、これだけであなたに直接の金銭的な被害が出るわけではありませんが、その画面に従って電話をしたり、お金を振り込んだりするとアダルトサイト被害が広がっていくのです。
ウィンドウが出てくるようになった時点で対策を講じなければなりません。
そうしなければ厄介なことになるのです。
もちろん、払ってしまったお金は戻ってこないと考えてよいでしょう。
請求がエスカレートすることはないようですが、弁護士に相談する場合もその費用を負担しなければならないのです。
アダルトサイト被害に遭った人の多くは泣き寝入り状態です。
ちょっと高額だが勉強代と思って忘れてしまいたいと思っているのでしょう。
アダルトサイト被害に対する対策方法は、アドレスや電話番号を相手に教えてはいけないと言うことです。
無視すればよいのです。
もちろん、請求の画面を消すこともできます。
そのような情報はインターネットで調べてみるとたくさん出てくるのです。
被害に遭う前に知識を持っておくことが大切です。
相手の手口を知っていれば、それだけで冷静に対処できるからです。

私たちの生活はインターネットで非常に便利になりました。
その半面で、危険性も高まっていると言うことを認識しておきましょう。

いまだに被害に遭っている人もいるみたいなので、カリビアンコムみたいな安全なサイトを選びたいですね。
⇒ カリビアンコムのキャンペーン内容を確認してみる